×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ネットで詐欺師に引っかからないために

 お見合いサイトで知り合った異性に騙されるという事件がよくありますね。 詐欺師のカモにされないためにはどうしたらいいかについて考えてみました。

●ネット婚活では,まずメールから始める場合が多いが,仲良くなったら電話番号を交換して,適度に電話した方がいい。 相手が悪人の場合,電話の方が話のつじつまが合わないなど,ボロが出やすい。 (詐欺師は同時に数人を相手にすることが多いため,電話よりメールを好む傾向がある。 内容を後から確認できるし,コピペも容易で労力が少ないため)

●相手に短期間で夢中になることは避ける。詐欺師は商売なので,効率を重視している。 大体知り合って3か月以内に「借金の申し込みをする」「病気の家族の話を持ち出す」などのアクションを起こすので,その時まで冷静でいることが大切。

●ネットで知り合ったというのが恥ずかしくて交際相手について知人に話さない人が多いが,できればいろいろ相談するべき。 婚活中の人は,自分が相手に気に入れることに気をとられすぎて,相手が怪しいかどうか判断する余裕がない。 相手の行動に不審なところがあっても見逃してしまいがち。 それを防ぐためには,家族や信頼できる友人に恋愛相談をするのが良い。

●詐欺師が興味を持っているのは,あなた自身でなくあなたの財産状況と騙しやすさ。 そのため,相手があなたの「仕事の話」や「家族の話」には興味を示しても,お金にならない「趣味」や「友人関係の話」には興味を示さないようであれば警戒した方がいい。 もし相手が結婚詐欺師ではなくても,そのような人はお金目当てなのでやめたほうがいい。


ネットで出会うメリット

日常生活では接点のない人や遠方の人とも知り合うことができ,出会いのチャンスが格段に広がる。女性は登録者が少なく,受け身な人が多いため,「売り手市場」。自分よりレベルの高い男性にアタックしても,現実世界よりも成功率が高くなる。

お金や時間をあまりかけず,たくさんの人と知り合えるので,その点では効率が良い。
※ただし,相手と一度会うまでにメール交換などである程度仲良くなることが必要で,実際会ってみたら印象が全く違うかもしれない。その点では逆に非効率かもしれない。

条件を重視する人に向いている。普通はなかなか聞き出しづらい,年収・結婚観・家族構成などの情報が最初から得られるし,検索機能を使って,特定の条件を満たす相手だけをリストアップし,アプローチできる。

メールでの交際から始まるので,容姿に自信のない人も人間性に目を向けてもらえる。合コンなどで自分を上手くアピールできない,「人見知りな人」にも向いている。実際,合コンは苦手…という真面目なタイプの人がけっこう登録している。
※ただし,写真掲載率が高いサイトではやはり美男美女に人気が集中します。


ネットで出会うデメリットとその対策

ほとんどのデメリットについては,きちんとしたサイトを選び,自分がしっかりしていれば軽減できます。

交際の申し込みが手軽であり,合コンや紹介と違って間に人を介していないため,簡単に関係が破綻する。複数人と同時進行する人も多い。
※交際が破綻する場合,フェ-ドアウトするパターンが一番多い。

相手のプロフィールや自分への誠実さをどこまで信用していいのか分からない。
※ただし,任意で卒業証明・年収証明などを提出させるサイトもあるので,それらを提出している人を選べば,嘘をつかれるリスクはある程度回避できる。

相手の誠実さはかなり見極めが難しいところ。上でも書いたように,一度に数人と連絡を取る人も多い。みんなに甘い言葉をささやいている人もいるので,「相手の言葉でなく,行動」だけを評価するといい。

相手が遊び目的,利用する目的(何かに勧誘する,売りつけるなど)で近づいてきている可能性がある。
※肉体関係だけを目的として(その後相手を捨てるつもりで)サイトに登録する不真面目な人は,「やり目」と呼ばれる。

サクラのいるサイトもある。サクラは女性ばかりかと思っていたら,怪しいサイトでは好条件の男性のサクラもいる。

個人情報流出リスクがある。
※特に顔写真を出すことに抵抗がある人は多い。大手サイトでは右クリックでの画像保存ができないようになっているが,画面キャプチャーで取られる恐れはある。ただ,ネット婚活では,顔写真を出す「デメリット」より,「メリット」の方が大きい。